行政書士会について

会長のメッセージ

会長 堀井 泰史

「人生100年 あなたに寄り添う行政書士」として

京都府行政書士会のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

令和3年2月、行政書士制度は70周年を迎えました。

行政書士制度のルーツは明治の代書人制度に始まり、昭和26年2月22日に行政書士法が公布されました。その後、数回にわたる法改正を経て現在に至るのですが、我々行政書士は、その時々の時代の求めに応じて国民の権利利益の実現に資し、行政と市民をつなぐ役割を果たしてまいりました。

昨年来、世界は新型コロナウイルス感染症に見舞われ、それは未だ終息していません。しかし、本会はコロナ禍においても、危機管理対策本部を設置し、密閉空間・密集・密接を避け、危機管理を徹底しながら、市民に寄り添う存在として、また行政手続・中小企業支援の専門家として真摯に社会貢献に取り組んでおります。

京都府の経営事項審査受付業務・建設工事競争入札受付業務、京都市の住宅宿泊事業法受付業務や空き家関連業務等の受託に加え、新型コロナウイルス感染症の支援活動として「京都府休業要請対象事業者支援給付金コールセンター」及び「京都市中小企業等支援策活用サポートセンター」に相談員を派遣してまいりました。また、商工会議所への相談員派遣や、本会や本会支部で開催する無料相談会を通して、市民の皆様の様々な日々の困り事にも対応しています。

行政書士制度発足70周年に際し、国民の権利利益の実現に資するという社会的使命を果たすべく、これからも「人生100年 あなたに寄り添う行政書士」であり続ける決意を新たにしております。

このページの先頭へ